ぽけりん>トレーナー「ゴローニャ!だいばくはつだ!どうした!?早くだいばくはつだ」

主にソードシールド(剣盾)やポケモンGO、アニメ、グッズなどの情報を取り扱っていきます。

トレーナー「ゴローニャ!だいばくはつだ!どうした!?早くだいばくはつだ」

14/04/12 17:55
ゲーム 54コメント
  • http://viper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1370643254/
スポンサーリンク
1:VIPがお送りします 2013/06/08 07:14:14 ID:nYXMxkLC0
トレーナー「まだか!はやくしろ!」

2:VIPがお送りします 2013/06/08 07:14:42 ID:LWhU8J8K0
トレーナー「くっそ」バンバン

5:VIPがお送りします 2013/06/08 07:15:32 ID:uIxtPgOb0
001.png

6:VIPがお送りします 2013/06/08 07:18:45 ID:lu6xS5LS0
大爆発するポケモンの気持ち考えたら泣けてきた

7:VIPがお送りします 2013/06/08 07:20:28 ID:okytHFaH0
天津飯「チャオズ!大爆発だ!まだか!はやくしろ!」


天津飯「くっそ」バンバン

8:VIPがお送りします 2013/06/08 07:26:31 ID:EVyd+316O
トレーナー「さっきからどうした!?早くだいばくはつしろ!…お、おいなんでこっち来るんだ…!?」

ゴローニャ「………」

トレーナー「うわあああ!!やめろ!敵はあっちだぁあああ!!早く離れろゴロny」


ゴローニャの だいばくはつ!

9:VIPがお送りします 2013/06/08 07:27:05 ID:4OfAKtSq0
ゴローニャ「遺書書いてるのでちょっと待ってください」

14:VIPがお送りします 2013/06/08 07:39:18 ID:H8r6GWFM0
天津飯「さっきからどうした!?早くだいばくはつしろ!…お、おいなんでこっち来るんだ…!?」

チャオズ「………」

天津飯「うわあああ!!やめろ!敵はあっちだぁあああ!!早く離れろチャ」


ゴローニャの だいばくはつ!

16:VIPがお送りします 2013/06/08 07:41:17 ID:nYXMxkLC0
>>14
せめて最後は変えろよww

18:VIPがお送りします 2013/06/08 07:52:29 ID:sAeJ/DqBP
>>14
ワロタ

スポンサーリンク
13:VIPがお送りします 2013/06/08 07:36:45 ID:iuDxwKdv0
コラッタ は なきごえを わすれた!

コラッタ「…………」

トレーナー「これでまた強くなったな!これからも頑張っていこうぜ!」

コラッタは答えたい。数分前のように、その歓喜を大きく声に出したい。しかし、自分の鳴き声はどのようなものだったか。あるいは、そもそも自分には声などあったろうか。
コラッタはなくこともできず、答えることもできず、ただトレーナーの肩に飛び乗って頬擦りをした。

15:VIPがお送りします 2013/06/08 07:40:19 ID:9QpDYyNu0
>>13
泣き声忘れるってそういうことだよな・・・

17:VIPがお送りします 2013/06/08 07:46:55 ID:9n0AQRGE0
>>13
おいやめろ
鳴き声を忘れさせにくくなるだろ

19:VIPがお送りします 2013/06/08 07:57:56 ID:iuDxwKdv0
>>17

トレーナーは訝しむこともしない。コラッタが最近なけなくなったことに気付きもしない。
なきごえを忘れさせるということは、対象をただの戦闘単位にしてしまうということに気付きもしない。
コラッタは声なき声を上げた。だが、その叫びは誰に聞こえるでもなく、眠っているトレーナーの頬を優しく舐め、静かにその場を去った。

26:VIPがお送りします 2013/06/08 08:04:22 ID:K73zv4+W0
>>13
ボールから出てきたら鳴くじゃん

29:VIPがお送りします 2013/06/08 08:07:45 ID:iuDxwKdv0
>>26
そうだ。その時なら鳴ける。
コラッタはトレーナーの下に戻ってからというものの、ひたすらに戦いをせがんだ。トレーナーは受諾した。一寸の迷いもなく。
ボールから出るとき、彼は声の限りにないた。歓喜と悲哀混ざる声色に、ようやくトレーナーは気付く。ああ、自分はこいつの声を奪ったのだ。

20:VIPがお送りします 2013/06/08 07:58:30 ID:bZ9Ti15U0
いや出た時めっちゃ鳴いてるやん

23:VIPがお送りします 2013/06/08 08:00:45 ID:iuDxwKdv0
>>20
そうだ。まだ鳴ける。あの時なら。
そう思ってコラッタはトレーナーの下に戻った。

27:VIPがお送りします 2013/06/08 08:04:38 ID:+zMFBQP0O
>>23
やっつけ過ぎワロタ

34:VIPがお送りします 2013/06/08 08:12:29 ID:iuDxwKdv0
>>27
敵をやっつける度に気付く。彼らは声を上げて倒れるではないか。ならば、自分が倒されたときもそうなるのは自明の理。
コラッタは攻撃の一切を避けることもせずに受け入れた。相手は強大。勝つことは難しい。ならば後続に止めを任せ、自分は可能な限り敵を削る。
コラッタは善戦も虚しく、敵のただ一撃の下に敗れ去った。声を上げる喜びと、その痛みに震えながら、甲高い声を上げて。

21:VIPがお送りします 2013/06/08 07:59:53 ID:pC9wJCNrO
この流れクソワロタ

35:VIPがお送りします 2013/06/08 08:12:40 ID:K73zv4+W0
忘れさせるってことはそれだけ使ってなかったわけだから
普段から出て来た時以外鳴いてなかったんだろ

39:VIPがお送りします 2013/06/08 08:18:04 ID:iuDxwKdv0
>>35
コラッタは思う。忘れることができるほどに、自らは鳴かなかったのか。
ああ。そういえば。生まれたときより親はなく、ただ獲物を狩って食べる時以外、碌に鳴きもしなかった。
それが、彼と出会い触れ合う内に、自らの声がこんなに穏やかなものだったかと感じるようになった。
考える内に気付いた。昔は、彼に出会うよりも前は、相手を威嚇する雄叫びくらいしか上げなかったもの。それが、トレーナーの彼には、まるで違う声を出す。幸せな日々。

37:VIPがお送りします 2013/06/08 08:16:06 ID:nwRTyUGA0
コラッタ嫌いだからどうでもいいや

40:VIPがお送りします 2013/06/08 08:24:59 ID:iuDxwKdv0
>>37
「嫌いだから」
そう、言っているのを聞いたことがある。確か、そう。トレーナーと食事をしていた時だ。民生の弁当に入っていた梅干しを残し、ゴミ箱に捨てた時のこと。
自分も、嫌いになったら、捨てられるのか。
そう思った途端、背筋が怖気を帯びた。何も考えられない。ただひとつ、離れたくない。一緒にいたい。それだけを除いて。

38:VIPがお送りします 2013/06/08 08:18:02 ID:LMfAFDOp0
鳴き声は忘れても泣き声はわすれないのさ
つまりボールから出てくるときのあの声は…

41:VIPがお送りします 2013/06/08 08:28:42 ID:nwRTyUGA0
コラッタはまだいいとしてラッタになったら棄てる

44:VIPがお送りします 2013/06/08 08:36:25 ID:iuDxwKdv0
>>41
戦闘にも慣れ、多くの敵を倒してきた。技も増えて、鳴くことよりは泣かせることの方が増えてきた頃。
どうにも体がむず痒い。これは、何だ?
そう思いながら戦って、相手を打ち倒した瞬間のこと。何やら視点が少し高くなった気がした。
「お、進化したな!」
トレーナーの無邪気な声が響く。そうか、強くなったのか、と確信した。
しかし、それより後、かつてコラッタだった彼は、戦いに顔を出すことが格段に減ってしまう。
より強い仲間の現れに、自らの立場が無い。ボールの中で、声にならない声を、また。

42:VIPがお送りします 2013/06/08 08:31:13 ID:phxhg7CH0
エアームドのほえる

47:VIPがお送りします 2013/06/08 08:42:51 ID:iuDxwKdv0
>>42
彼は閃いた。以前敵がやっていた。そう。鳴くのではない。吠えるのだ。
そう思うや否や、心の中で謝りながら、声なき声で謝罪しながら、トレーナーのバッグの中に眠るわざマシンを勝手に使って。

46:VIPがお送りします 2013/06/08 08:40:32 ID:VUXd41hw0
変な名前付けられたポケモンって可哀想だよな

トレーナー「ブーバーン! おぶつ に かえんほうしゃだ!」

52:VIPがお送りします 2013/06/08 08:51:55 ID:iuDxwKdv0
>>46
彼は久々に戦いの場に出ることが叶った。どうやら仲間の実力を均等にするべく、全員に経験を積ませるらしい。
彼はボールから出ると同時に威勢良く声を上げ、そしてトレーナーの指示に従うために意識を集中させた。
トレーナーが指示を出しあぐねている。何か悩んでいるらしい。関係無い。自分はただ、彼の手足となって、眼前の敵を打ち払うのみ。
相手に攻撃される。痛い。その後、トレーナーは指示を出した。
相手に向かって大きく吼える。場の空気を震わす威嚇、威圧。相手は戦慄き震えた。
「○○○!戻れ!」
相手の名前を呼ぶ声がした。ああ、そういえば。そんなもの、生まれてから呼ばれたこともない。

53:VIPがお送りします 2013/06/08 08:58:58 ID:5lmEqlcX0
コラッタとピカチュウって同じネズミなのにこんなに扱いが違うんだな
出っ歯の汚らしいネズミとアイドル

54:VIPがお送りします 2013/06/08 09:04:35 ID:iuDxwKdv0
>>53
同じネズミの仲間が加わって来たとき、彼は自らに震えた。なんと醜いのか。なんとみすぼらしいのか。
新たに加入した黄色の彼女、電気を赤い頬から放出する彼女は、トレーナーにとても重宝された。戦いにこそ出なかったが、おそらくトレーナーの彼と最も接していただろう。
彼は、ますますなくことが減った。

55:VIPがお送りします 2013/06/08 09:05:21 ID:yJta9wrAO
まだ続いてた

フーディン出してちょ

59:VIPがお送りします 2013/06/08 09:12:25 ID:iuDxwKdv0
>>55
戦う相手も日増しに強くなり、なのに自分は強くならない。周りばかりが強くなり、自分はといえば、トレーナーに隠れて使ったわざマシンから得たその声を、忘れることが叶わない技で上書きされ、またもボールの中で声なき声を上げ続ける。
だが稀に、極稀に、他の仲間たちでも打倒し得ない敵に出会うことがある。それが、たまたまその日だったというだけの話。
その日の敵、自らが相対した敵は、何か髭が立派な、不思議な雰囲気の敵だった。お世辞にも見た目は良いとは言えない。だが、少なくとも自らを残して他の仲間を全て倒し得たのだ。
そうか。強ければ。強ければ、また、鳴ける───。

68:VIPがお送りします 2013/06/08 09:42:32 ID:gLQezgb30
ブイズかわいい

69:VIPがお送りします 2013/06/08 09:56:52 ID:iuDxwKdv0
>>68
トレーナーの元に新たな仲間が加わった。とても愛らしい、小さな獣だった。彼は様々な姿に変化するという。どの姿になっても強く、そして愛らしい姿をするのだそうだ。
───なんだ、それは。
惨めになる。自分の置かれた立場に憎しみさえ抱く。見目愛らしく、強い、だと?
トレーナーは、その仲間に氷のような石を差し出した。

70:VIPがお送りします 2013/06/08 10:06:28 ID:UBxlUaYD0
けどなんだかんだでラッタが一番の好みなんだろ?

71:VIPがお送りします 2013/06/08 10:17:41 ID:iuDxwKdv0
>>70
ある町に辿り着いた。真っ暗で真っ暗な洞窟を抜けてようやく辿り着いた寂しげな町。
一休みして通り過ぎるのだろう。そう思っていたが、どうやらこの小さな町でやることがあるようだ。小さな町の小さな家に入る。
「私は姓名判断師」
男はそう言った。何をする人なのか、体を触られ、撫でられ、見られた。その日以来、トレーナーの彼は、自分を呼ぶ時に変な言葉を使うようになった。流線をイメージする軽やかな響き。それがどうやら、自分の名前になったらしい。

73:VIPがお送りします 2013/06/08 10:45:15 ID:iuDxwKdv0
気付けば、また知らない町。石竹色の町。その町の一室。男とトレーナーが話している。
話が終わると、覚えていた何かを忘れた気がした。何を忘れたかも思い出せない。
そうして、また違う町へ。町の中心の家に入る。また男、話す。今度は、なにやら自分に向けて話しかけているようだった。
話が終わって、トレーナーが桃色のなにかを男に渡して、その家から出たとき、忘れていた何かを思い出した。
声を、思い出した。そして叫ぶ
町中であるにも関わらず、人がいるにも関わらず、過ぎ行く雑踏よりも、かつて相手を戦慄き震えさせた咆哮よりも、腹の底からの声を上げて。
喉、焼き切れそうになっても止めず。そして、何も言わずに、トレーナーの彼に纏わり付いた。

74:VIPがお送りします 2013/06/08 10:46:32 ID:iuDxwKdv0
002.png

75:VIPがお送りします 2013/06/08 10:55:43 ID:8FNJwyE30
>>74

64:VIPがお送りします 2013/06/08 09:19:38 ID:DmbOYvDrO
何だこのスレ

SNS共有:記事タイトルとURLをコピーする

注目記事!

ランダム人気記事



人気記事(10日集計)

コメント(→コメント投稿


※1 : 名無しさん    2014-04-12 17:58 ID:NDk3YThh
そしたら鳴き声を覚えないポケモンは鳴かない事になるカゲよ
※5 : 名無しさん    2014-04-12 18:08 ID:ZjI5NjZl
ないた
※6 : 名無しさん    2014-04-12 18:16 ID:YmY4ZDA2
つまらん
※7 : 名無しさん    2014-04-12 18:18 ID:NDk3YThh
※6
お前もつまらん
※8 : 名無しさん    2014-04-12 18:32 ID:ZDI0ZDFh
ないた
※9 : @名無しさん    2014-04-12 18:37 ID:YTdhZmY4
途中からグダグダww
※10 : 名無しさん    2014-04-12 18:42 ID:OGVjNzJl
※7
つまらん!お前の話はつまらん!・・・・・・・・・つまらん。
※11 : 名無しさん    2014-04-12 18:47 ID:YTJjMWYz
くさい
※12 : @名無しさん    2014-04-12 18:57 ID:Njc0ZDIy
既視感あると思ったら日付が
※13 : @名無しさん    2014-04-12 19:16 ID:ODE3NmNj
ゴロニャンが弾け飛ぶ話しじゃなかった
※14 : @名無しさん    2014-04-12 19:33 ID:ZTQ5NzAx
ゴローニャの話は良かった
※15 : 名無しさん    2014-04-12 19:39 ID:ZWNmMmU3
※1
むしろ鳴き声という技ができた時点でこういう問題が生じる。
鳴き声という技がなければ誰でも関係なく鳴き声を上げれる。

とりあえずお前らは種族値とか焼き鳥とか強さにしかこだわらんからな
※16 : 名無しさん    2014-04-12 19:45 ID:YmY4ZDA2
※7
オウム返ししかできないのか
※17 : 名無しさん    2014-04-12 20:01 ID:NDBkODFj
詰まらんw
あ、便秘!!
※18 : 名無しさん    2014-04-12 20:03 ID:NDBkODFj
>>16
そういやポッポお前Lv.45でオウム返し覚えたな
※19 : 名無しさん    2014-04-12 20:13 ID:ZWUzOWVm
ゴローニャの仕事はくだけることだからな。
※20 : 名無しさん    2014-04-12 20:14 ID:YmY4ZDA2
※18
で?
右に表示されているポケモンがどうした?
※21 : 名無しさん    2014-04-12 20:15 ID:NTFkYzQw
夢ニンフィアやメガサーナイトよかったね

ハイボ使えて
※22 : 名無しさん    2014-04-12 20:20 ID:NDdhNWNl
米19
誰かが言うと思ったw
※23 : 名無しさん    2014-04-12 20:36 ID:NDBkODFj
起点回避のために爆発すんだろ
てめえが大爆発を顕著したことで起点にされてPT全体が壊滅したらどうすんだゴミめ
※24 : @名無しさん    2014-04-12 20:51 ID:ZWIwZTdm
ステータス画面にするたびに何度も鳴いてるじゃねえか
※25 : 名無しさん    2014-04-12 20:58 ID:N2VkYWJk
あかピクミンは火に強い
※26 : 名無しさん    2014-04-12 21:07 ID:YjRmZTZi
※23
顕著?
※27 : 名無しさん    2014-04-12 21:09 ID:NjZlYjQ5
廃人とかロケット団のような組織と大して変わらんしな
ライトユーザーから見るとどっちもどっちと思われてそう
※28 : @名無しさん    2014-04-12 21:12 ID:NjBhMTll
ポケパルレでめっちゃ鳴くよ
※29 : @名無しさん    2014-04-12 21:33 ID:NjQ4NTQx
史上最強につまんねぇwwwwwwwwww
※30 : 名無しさん    2014-04-12 21:36 ID:MjkxOWJk
※27
廃人以外のみなさん 残念ですがさようなら
※31 : 名無しさん    2014-04-12 22:09 ID:OGYyYmU2
ゴローニャ「いっ…生゙ぎだい゙ッ!!」

これワンピネタな
※32 : @名無しさん    2014-04-12 22:37 ID:Yjk2MDBl
※31
あ、はい(^_^;)
※33 : @名無しさん    2014-04-12 22:37 ID:M2ZiOGI4
米31
だから何だよネタか?
※34 : 名無しさん    2014-04-12 22:38 ID:YjE3YWY0
トレーナー「ドガース、大爆発だ!」
ドガース「ジー・・・」
トレーナー「どうした?命令だぞ?」
ドガース「ジー・・・」
トレーナー「うう、そんな目で見ないでくれー!」
ドガース「ジー・・・(危ないから下がってくれと目で訴えている)」
うろ覚えだけど4コマでこんなのなかったっけ?
※35 : @名無しさん    2014-04-12 22:51 ID:ZGQ0NzZk
31
あのシ-ンは不覚にも笑ったわ。
※36 : 名無しさん    2014-04-12 22:52 ID:NDdhNWNl
トレーナー「フリージオ、大爆発だ!」
その後、砕け散った氷の破片がトレーナーを・・・
※37 : @名無しさん    2014-04-12 23:51 ID:NzY3ODBj
マジレスすると相手の攻撃を下げるという技としてのなきごえを忘れただけであって鳴き声を忘れた訳じゃない。
※38 : 名無しさん    2014-04-12 23:53 ID:MzRhNjNj
どんなにいかつくて貫禄あるやつでもかわいく鳴いて相手を油断させて攻撃力下げる技だからね、あれ
普通の鳴き声とはちょっと技術が違うんですよ
※39 : 名無しさん    2014-04-13 05:26 ID:ZjIxYWUx
タイトル的にはクソつまらなそうだったから開くの躊躇したけど神スレだった
※40 : 名無しさん    2014-04-13 06:37 ID:Y2FlZDgz
キッモ
ラノベ作家か
※41 : 名無しさん    2014-04-13 08:46 ID:ZTk1YzFi
※37-38
そうだな・・・。そうでしたわ。
※42 : 名無しさん   2014-04-13 17:05 ID:Yjc3OWU4
蒔菜かわいい
※45 : @名無しさん   2014-04-13 20:35 ID:YmI0ZDcw
ワロタ
※46 : 名無しさん   2014-04-13 21:15 ID:ODY3OGIw
2chテスト
※47 : 名無しさん   2014-04-13 21:17 ID:ODY3OGIw
テスト
※48 : 名無しさん   2014-04-14 23:13 ID:YzhhNzZh
ゴローニャで大爆発使う場面少ないから忘れさせた
※49 : 名無しさん   2014-04-15 08:55 ID:MTgzNjMy
スレ立てたやつ良い奴だなw

鳴き声だけでこんなに語れる要素があったなんて…
実にいい

それと同時にポケモンに対する愛みたいなのも感じる
※50 : @名無しさん   2014-04-15 23:30 ID:YjNmOTJk
自爆して瀕死で済むってのがどういう状態なのかがわからんよね。
あと鳴き声を忘れる、って攻撃力を下げるような特殊な鳴き声を忘れる、だけだと思ってた。
※51 : 名無しさん(復元)  2014-04-17 02:02 ID:ZTNjZjVj
2 ゴローニャの弱点保険大爆発は強い 輝石ラッキー確1

3 ※2 マジだった

4 なんだこのまとめェ!?
※52 : 名無しさん   2014-04-21 07:28 ID:NzhhOWI1
そうだ。その時なら鳴ける。で笑ったwww
※53 : 名無しさん   2020-03-08 15:18 ID:ZDJmNzVm
きもい
※54 : 名無しさん   2020-03-08 21:37 ID:NDFjNjE3
コラッタ鳴き声覚えなくね?
スポンサーリンク

コメントの投稿

"http"は禁止ワードです。
荒らしはプロバイダ報告などの対応を行います。
コメントを記事に反映する場合があります。
投稿後、コメントが反映されていない場合は、キーボードのF5等でページを更新すると反映されます。(エラー画面が表示されなければコメントは投稿されています。)

今読まれてる人気記事!

コメント数


お知らせ(大会・配信など)

記事検索

カテゴリ

月別

Amazon


@ 2013~ ぽけりん@ポケモンソードシールド(剣盾)まとめ All rights reserved